2017年03月11日

banryoku

IMG_7989.jpg
IMG_7990.jpg
IMG_7993.jpg
IMG_7994.jpg
IMG_8041.jpg
IMG_8042.jpg
IMG_7997.jpg
IMG_7985.jpg
IMG_7986.jpg


昨年10月に菊池亜希子さんが編集長を務める「マッシュ」のイベントで同じ教室になったbanryokuこと中村万緑子さんの
作品をお取り扱いすることになりました。banryokuという名前は中村さんのファーストネームを音読みしたもの。なんでも
俳句の季語だとか、、調べてみると、夏の季語ということがわかりました。緑一面に覆われた状態を呼ぶものだそう。お誕生
日を知らないのですが、夏生まれかしら?今度聞いてみようなどど想像が膨らみます。banryokuのお洋服は1点1点中村さん
ご自身がデザイン・パターン・縫製に至るまでお一人でされています。生地は以前パペットの作品作りをするために滞在した
アメリカで購入してきたものもあるそう。古着のちょっと野暮ったい感じとか、眠い感じ、、キッチュな感じをパーツとして
組み合わせて楽しめるような仕上がりになっています。変わり袖がまた素敵。アームホールがたっぷりとってあるデザイン。
動きやすさとパフスリーブの可愛さを併せ持つ洋服に!パフ袖好きの私もググッと心を掴まれました。身頃のボディ感と袖の
感じはそれぞれ共通しているものの、着丈やプリント生地の組み合わせの違いで表情も変わります。プリントもののお洋服と
普段あまりご縁のない方も、これから春に向けて少し冒険してみるのもいいですね*
その他にご紹介する間もなく、ほとんどなくなってしまったレッグアイピローとハンドサシェの2種もご用意しております。
プレゼントにも喜ばれる一品です。

banryokuブラウス ¥20,000+tax




posted by フーコ at 07:38| つくる人