2016年12月29日

熊本震災支援プロジェクトのご報告

15133865_1263711757025866_2017962719_o.jpg

20代からの友人、Healing Salon SOMIのセラピストをしている生田さんの寄付活動の成果をここにご報告いたます。今回たくさんのお客様にご支援いただき、77本販売、寄付金154,660円の寄付となりました。
熊本の震災で今なお日常の暮らしを取り戻せていない方々に役立てていただこうと、友達のブレンドしたオイルを販売することでこのように暖かい活動のお役に立てたこと、とても良い経験となりました。この度、ご協力いただきましたお客様みなさまに感謝いたします。
ありがとうございました。

//////////////////////////////////////////////////////////////

以下、寄付金内訳と寄付金先の園田さんからのメッセージを転記いたします。
また引き続き、寄付金を募っているそうです。受付先のご紹介もいたしますので気になられた方は合わせてご覧ください。

【販売報告】
販売期間:2016年11月18日〜12月10日
販売総数:77本
販売金額:3,348円 (内2,000円は寄付金)
寄付金額合計:154,660円

【 こどもの給食を考える会くまもと 園田恭子様からのメッセージ 】

ご支援くださいました皆様
この度は遠く離れた熊本へお心を寄せて頂き、 心より感謝いたします。

 ”こどもの給食を考える会くまもと”は、震災前(2013年)から子どもたちを確実に次世代に繋げていくための食環境の提案をする活動をしております。

熊本地震後は被災された方々の心と体が少しでも温まればと、化学調味料無添加、地元の旬の野菜をたっぷり使った具沢山スープを避難所で作り続けてきました。

10月末の避難所の閉鎖と共に、11月からは冷たいお弁当給食を食べている子どもたちに温かいスープを提供できないか、町教育委員会に提案し、作らせていただく事になりました。

町の小中学校3300人に毎日届けるのは難しく、1週間かけて全ての学校に届ける仕組みです。 作っているのは給食調理のプロではなく子どもたちへの思いが詰まった女性中心です。でもメンバーは避難所でずっとスープを作り続けた私たちです。息もぴったり!毎日800食ずつで、給食なので仕上がり時間が決まっており、時間に追われながらの調理…、それと給食というものである限り、衛生基準をクリアするための調理器具の洗浄や消毒の工程は想像を超える大変さです。 しかし笑い声とおしゃべりが止むことはありません(笑)

今年度いっぱいで私たちの調理は終わりますが、最後まで精いっぱい美味しいスープを作ります! 
ありがとうございますm(_ _)m 

こどもの給食を考える会くまもと 園田恭子


【支援受付口座】
こどもの給食を考える会くまもと
代表 園田恭子(そのだ きょうこ)
肥後銀行 合志支店 普通 467091







posted by フーコ at 00:00|