2016年07月22日

安彦年朗さんの木工作品

IMG_4934.jpg
IMG_4935.jpg
IMG_4937.jpg
IMG_4938.jpg
IMG_4939.jpg
IMG_4940.jpg
IMG_4941.jpg
IMG_4942.jpg
IMG_4943.jpg
IMG_4946.jpg

水戸で製作活動をされている安彦年朗さんの木工作品です。私も日々の生活で愛用しているカッティングボード
とカトラリー。カッティングボードはまな板として活躍中です。テーブルウエアとしておもてなしの席に使って
も素敵ですね。そして生活する中ではその感触も大切だと思います。お洋服でいうところの着心地に当たる部分
でしょうか。手で触るものだから、使っていて感触の良いものが道具としては好ましい。今回はその私のささや
かな願望をどれも叶えてくれる安彦さんの作品のご紹介です。異形スプーンと名付けられた小匙は安彦さんのなる
べく意識しない部分で見えてきた形を表現したものです。どれもその素材にあうように形作られているのが魅力的。
薬味スプーンやマドラーとしてお使いいただけます。カッティングボードと異形スプーン、マドラーはそれぞれ1点
もの、どんな出会いがあるかお楽しみいただければ嬉しいです。
*コーヒーメジャー ¥1,700 *異形スプーン ¥1,600 *マドラー ¥2,000 *カッティングボード ¥3,500
すべて税抜価格です。コーヒーメジャーの濃い色の木はくるみ、小皿はエンジュ、その他は桜の木です。



posted by フーコ at 21:00| つくる人